FC2ブログ

古書に学ぶ。

最近、絶版になったバラの本を図書館で借りて読んでいます。

昨日、読み終わったこの本の内容が、とても奥深くて印象に残りました。

IMG.jpg

『名人・石井強に教わるバラのウィーピングスタンダード』です。

ウィーピングスタンダードに関する本なのですが、バラの育成にも通じる内容でした。

ということで、特に気になった所をメモっておくことにしました。

・摘心は、新梢を任意の位置で摘み取り、分枝を促す事
・バラは植物の中でもカルスの盛り上がりが早くて旺盛
・カルスは形成層で作られる
・樹皮をはいで、ぬるっとする部分が形成層
・芽接ぎ(T字法)は、秋の活着が良い(9月下旬~10月中旬)
・芽接ぎ(T字法)は、休眠期を経て芽が出る
・芽接ぎ(張り芽接ぎ)は、休眠期に行う(1月中旬~2月)
・張り芽接ぎは、台木の上を残して、芽が活着したら、台木の上部を切り取る
・穂接ぎは、休眠期に行う
・接がれた枝のカルスが台木の形成層に侵入し、養分を吸収する
・半日蔭におくと枝が長く伸びる(つるを徒長させる方法)
・鉢土の表面から直接蒸発するより、葉が蒸散する水の方がはるかに多い
・日照時間の少ない場所では、小さい鉢の方が生育が良い
・適度に水やりしている鉢植えは、毛細根が鉢土上部に集中している
・水が不足している鉢植えは、太い白根が鉢底にぎっしり巻いていて細根が少ない
・肥料をやるより水をやれ(鉢植えは水やりが肝心)
・バラはよく観察しなければ、手入れを怠る事になる
・棘は下向き、芽は上向き
・花殻摘みで、種への養分を取られない様にして、シュートの発生・成長を助ける
・用土の微塵をとると、水やりの回数が増える
・実生の木の性質は母木に、花形・花色は父木に似るのが一般的
・ノイバラの花粉は寿命が短い
・スタンダード用に台木を3年育てて使うと、十分な太さになる為、支柱が要らない

この本、本体価格2,500円なのですが、古本は完全なプレミアム価格になっていて、とても手がでません…。^_^;

BIG当たらないかな…。(≌д≌)
スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
32位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム