fc2ブログ

京阪園芸式冬剪定。

昨日のセミナーですが、ちょっとだけ「おまけ」で「京阪園芸式冬剪定」のご紹介です。^_^


ひらパーのバラ園で剪定済みの株がありましたが、なんだか込み合っています。
剪定前
株元をよく見て枝を数えると、5本出ています。

そして、最右と最左の枝が交差枝になっています。

おさはち先生が説明して、交差枝の要らない方をバツン、バツンと剪定します。
剪定後
ほら、株元を見てください。

3本になってるでしょ。

後、何処が違うか判りますか?





















一本のメインの枝についている枝の数を2本までにしています。

養う枝を減らすことで、枝や花を充実させるのですが、一つの枝に残す枝は最大でも3本までにします。

また、圧をかける為に、高さも膝下までにしているんですよ。

背を低くすると、芽出しに圧(力)が必要になるので、芽が出てくるのが遅くなるのですが、その分太い枝がでてきます。^_^


尚、これはHT系の切り方なので、オールドローズ、シュラブ、つるバラ等ではやらないで下さいね。^_^;


最後に、「おまけ」の「おまけ」です。

誘引済みのポールズ・ヒマラヤンムスクの前で、身振り手振りで説明している「おさはち先生」です。
おまけ


もうそろそろ、芽が動き出すので、誘引、剪定がまだの方はお急ぎくださいね。^_^;
スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

コメント

メアリー

おはようございます!
最後のお写真、おさはち先生が
つる薔薇にとらわれの身になっているようで
思わず プププっと吹いてしまいました(笑)

↓クリフトンの名称変更、そういうことだったのですねぇ~
光合成細菌のことも、そんなに強い菌だとは知りませんでしたw
てっきり、ひよわなのかとイメージしてましたwww

あと、ペットボトル1本分の土でバラを育てる話は
他所様で読んだことがあったのですが
「すっげぇ~!」にとどまってして 具体的なイメージが
わかなかったのです。

URL貼りつけてくださってありがとうございます!
めっちゃ、興味深い記事ですね~。
何回も読み直ししました!

nagukan

メアリー様へ
先生の写真、そう見えますね~。^_^;

光合成菌は、酸素の無い時代からいる原始の細菌なので、めちゃめちゃ強いそうです。^_^

うちにもバラをやる前に一年草を育てていたプランターが沢山あるので、やろうと思えばできますが、多分枯らしちゃうと思うので、止めときます。(+_+)
非公開コメント

nagukan

バラのオフシーズンは、鳥撮りや稀にPC関係の記事も書いています。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

検索フォーム

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

CustomCategory

メールフォーム