FC2ブログ

京都府立植物園で、つるバラの講演。

今日は、京都府立植物園でまつおえんげいの松尾さんの「バラ剪定講習会」でした。

内容は、「ツルばらの剪定について・講演と実演」です。


最初、職員さんによるバラの解説がありました。

色々な話がありましたが、特に京都府立植物園のバラに関する事だけまとめてみました。

 ・京都府立植物園は、今年、開園90周年
 ・毎年秋に「バラ展」をやってるが、今年は春も行う予定
 ・切り花をコンテスト形式で4日間展示する
 ・毎年5月25日前後に夕方バラをみるツアー「バラ園散歩」をやっている
 ・バラの品種は200品種程ある
 ・HT、FLがメインで、CL、ERがあり、オールドローズは少しある
 ・以前、噴水側の通路にあったバラは、新しい場所に移植した
 ・オールドローズや古いHTは弱っていたので移植していない
 ・肥料は、油粕と化成肥料をやっている
 ・鶏糞は匂いやベトツキが起きる為、今は使っていない
 ・昔は株間を40㎝程掘って天地替えしていたが、今はやっていない
 ・薬剤散布は、5月~10月の間、毎週、殺虫・殺菌剤を散布している
 ・ダニが出た場合は、殺ダニ剤を入れる
 ・12月にはマシン油を散布する
 ・石灰硫黄合剤は、バラへの適用がなくなったので使用していない


その後、松尾さんの講義となりました。

IMG_6911.jpg

大まかな流れとしては、以下の様になります。

(1)剪定する理由と頂芽優勢
(2)つるバラの種類
(3)バラの4種類の枝
(4)剪定方法
(5)実演

聞いた話を簡単にまとめてみます。

(1)剪定する理由と頂芽優勢

 ・バラはリンゴや桃と同じで、剪定しなくても花は咲く
 ・大事なのは「頂芽優勢」という性質
 ・「頂芽優勢」は、シダ類以外の植物全てが持っている
 ・「頂芽優勢」は、枝の先端(頂点)の芽に花ができて種をつけること
 ・剪定によって、頂点をなくすと予備を含めて2,3芽から枝が出る
 ・草花でも「切り戻し」で枝数を増やすのは同じ理由
 ・花が咲いて、種ができると成長が止まる
 ・切ったら肥料をやる
 ・つるバラは20㎝程先を切ってねかす
 ・つるバラも、枝を立てたままだと木立ちと同じ様に枝先だけに咲く
 ・つるバラの枝をねかすと頂点が沢山できて花が沢山咲く
 ・四季咲きの木立ちも、よく伸びた枝をねかすとつるバラの様に咲く
 ・半つるのシュラブは木立ちと同じ様にする事ができる
 ・一季咲きは、枝を伸ばす
 ・つるバラでも短く切ってシュラブの様にもできる
 ・HCで小さい苗でも花が咲いているのはそういうこと

(2)つるバラの種類

 ・枝には、よく伸びる枝と、よく伸びない枝がある
 ・つるバラには3種類ある
  ①春に花が咲き、秋まで枝が伸びて花が咲かないタイプ
  ②春に花が咲き、秋まで枝が伸びて花が咲くタイプ
  ③春に花が咲き、夏にも花が咲き、枝が伸びて秋にも花が咲くタイプ
 ・それぞれ以下の様に呼ばれている
  ①一季咲きのつるバラ(3m以上)
  ②繰返し咲きのつるバラ、返り咲きのつるバラ(2~3m)
  ③四季咲きのつるバラ(1.5~2.5m)
 ・蕾が付くと成長が止まる
 ・四季咲きのつるバラは、ナエマ、シャンテ・ロゼ・ミサト、グラハム・トーマス等
 ・四季咲きのつるバラは、伸ばしても短く切っても花が咲く
 ・四季咲きのつるバラは、伸ばす枝と短い枝を組み合わせても良い

(3)つるバラの4種類の枝

 ・つるバラには4種類の枝がある
  ①春に出た新しい枝(花の前後に出た枝) 2013年生まれ
  ②夏から秋の間に出た新しい枝 2013年生まれ
  ③昨年の春に花の咲いた枝 2012年生まれ
  ④一昨年以前の枝 2011年以前生まれ
 ・①、③、④、②の順に花が咲き易い
 ・①は、5~6月に出てから1月までの間で、枝が充実している
 ・②は、9~10月に出てから1月までの間で、枝が充実できていない
 ・①と②の見分け方がある
 ・②は、棘が瑞々しく赤や緑色で柔らかく美しい
 ・②は、枝がプリプリして瑞々しく、切っても音がしない(形成層がない)
 ・②は、来年の花枝として使う
 ・①は、棘が茶色
 ・①は、枝を切ると音がする(形成層がある)
 ・④になると、枝が黒く、細枝しかでない

(4)剪定方法

 ・小輪のバラは、つまようじ~割り箸の枝に咲く
 ・中輪のバラは、割り箸~鉛筆位の枝に咲く
 ・大輪のバラは、鉛筆~親指位の枝に咲く
 ・剪定する前に、葉を取る
 ・葉を取る理由は、菌や害虫の卵が残っているから
 ・それに葉が付いていると、休眠できない
 ・休眠しないと、水揚げが起きて、芽に糖分が回らない
 ・芽に糖分が回らないと、芽が充実しない

(5)実演

IMG_6913.jpg

 ・今回は新しくデルバールのバラを植えた場所
 ・対象は、四季咲きシュラブ、中大輪のビアン・ビニュで、「ようこそ」という意味のバラ
 ・隣は、ローズ・ポンパドゥール
 ・去年植えたので、まだ1年目
 ・今回は、オベリスクに誘引する
 ・3mになるようなバラは、二畳ぐらいの壁に誘引すると先にしか咲かなくなる
 ・場所にあったつるバラを選ぶことが大事
 ・つるバラの葉取りは、先を残すと良い
 ・この時期は、葉を取る時に指輪で一気に取っては駄目(12月ならOK)
 ・芽が取れるので、面倒でも1枚づつ取る
 ・先は後で切る上に、残すことで良く見える為、枝先で目を突いたりしなくなる
 ・とりあえず花の咲く位置まで全ての枝を切る(鉛筆の太さまで)
 ・これで、必ず花が咲く事が保障される
 ・一枝に沢山の枝分かれがある場合、大輪は2本、中輪は2、3本、小輪は全部残す
 ・枝をねかせて、頂芽優勢をだましてやる
 ・花が咲くのは先端から順番に付く
 ・枝をねかせても花が付くのは70㎝程まで
 ・枝を倒せば倒す程、花の咲く範囲が広くなる(沢山花が咲く)
 ・枝を立てると咲く範囲が狭くなる(咲く花が減る)
 ・花の付く位置をイメージして誘引する
 ・一季咲きから先に誘引する(12月~1月中旬)
 ・四季咲きは、大輪から先に誘引する(2月まで)
 ・四季咲き小輪は、3月までは大丈夫
 ・枝はしっかり止めた方が良い
 ・枝がぶらぶらしていると、傷をつけたり枝が折れたりする
 ・ビニタイより麻紐の方が、後で絞まってくる為、一年に1回は外す
 ・原種は、葉を取らなくても良い
 ・特に常緑のモッコウバラやナニワイバラは、花後に葉が入れ替わるタイプなので不要

IMG_6940.jpg

ということでした。

そして、頂芽優勢を利用した究極の誘引がベッド仕立てだそうです。

IMG_6947.jpg

最後に、移植されたはずの「ラジオ・タイム」の場所を教えて頂きました。

IMG_6948.jpg

無事でよかった。(≌д≌)

前回もそうでしたが、相変わらず、松尾さんの説明は判りやすいですね。


お終いは、植物園で咲いていた花のおまけです。

☑スノー・ドロップ
IMG_6878.jpg

☑ロウバイ
IMG_6879.jpg

☑クレマチス・シルホサ
IMG_6888_20140118205917af4.jpg

IMG_6889_20140118205920c69.jpg

☑シンロウバイ
IMG_6952.jpg

☑ヘレボルス・オリエンタス(クリスマスローズ)
IMG_6956.jpg


実は、明日もセミナーなんだよなぁ…。(≌д≌)
スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
33位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム