FC2ブログ

剪定までのおさらい。その2。^_^

週末の剪定に向け、イメージトレーニングです。^_^;


例えば、こんな風な枝だったとします。(ハイブリッド・ティ、フロリバンダのイメージ)
枝①
去年の枝、一番花の枝(春)、二番花の枝(夏)、三番花(秋)の枝までがあります。
微妙に色を薄くして表現していますが、判りづらいかなぁ…。^_^;
結構、横広がりの木立ですね。^_^;;;

以下の様な不要枝は、切っちゃいます。
枝②
・変色した枯枝
・爪楊枝の様な細い細枝(品種によりますが…)
・短い成長の止まった枝
・風通しを悪くしている交差枝
・せまい間隔で平行に生えている平行枝
・下向きに出ている逆さ枝
・すの入った枝(少し切ってみると判りますが、髄が茶色になってたりする)
・顔色の悪い枝(古くなって緑色がくすんでるような感じ)
・水っぽい枝(終盤に生えてきたシュート)
など等

一方、残すのはこんな枝です。
・ベーサルシュート(株元からの新鞘)
・赤く充実した枝

大体、剪定が終わると、こんな感じになります。
枝③
いきなり大まかに切っても、不要な枝が排除できるので、先に半分ぐらいに仮剪定するのもありです。
その方が、早いです。

勢いつけて、バツ、バツ、バツって…。^_^

その後に、残った不要枝を切る方が、楽ですよね。


フロリバンダは、枝を多めに残すので、ハイブリッド・ティより高めに残します。

ハイブリッド・ティでも、花が小さくても良いので沢山つけたいというのであれば、高めに剪定します。

細い枝には小さい花が咲く、枝が多ければ沢山咲くという事です。^_^


えっと、オールド・ローズや、チャイナ、ポリアンサなど、クラウンができないのはガッツリ切りません。

枝に栄養を蓄えてるので、力がなくなっちゃいます。

風通しを良く、病気の枝を整理して、樹形を考えて切るって感じかな。


このやり方って、こうしなければ駄目ってのではなく、自分なりに解釈しての作業なんです。


皆さんの所の環境や品種によって条件が変わるので、あくまでもご参考ということで…。^_^;

スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

コメント

ミセス大仏

イラスト、とっても可愛かったです。クラウンって何だろう?バラの種類によって剪定も異なるんですね。剪定の前に、うちのバラの種類をおさらいしなくちゃです。( ̄▽ ̄;)

nagukan

Re: タイトルなし
ミセス大仏さん、こんばんは。

イングリシュローズやデルバール、オールドローズってくくりは、樹形や特性を表している訳ではないので、注意が必要です。^_^

なんだかんだって、持っている品種、好きな品種から、覚えていくのが勉強になりますね。
非公開コメント

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
538位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
59位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム