fc2ブログ

問題児。

午後から仕事なので、11時まで剪定をすることにしました。

なんとか一階の木立ちバラだけは剪定を終わらせることができました。


今日の株は、カイガラムシが多くて大変でした。

カイガラムシをブラッシングしながら取っていくのですが、終わったと思ったら取り残しを見つけて…。

めくれる古い樹皮も剥いて、隠れているカイガラムシを掃除します。

でも、こすってもこすっても白い粉が舞い散るので、終わりがないような気分になります。orz

剪定は好きなのですが、毎回、このカイガラムシ掃除が嫌いで仕方ないです。


では、今日のタイトルの問題児の件です。

シャリファ・アスマの剪定をしたのですが、こんな状態です。

DSC_0932_20240114223955286.jpg

セダムに覆いつくされていて、地際がみえません。( ̄▽ ̄)

DSC_0934.jpg

三本台芽が大きく伸びていますが、付け根から切除できないので切っても毎年伸びてきます。

今回は、諦めて様子見しています。

台芽の方が強いので、接木された園芸品種は負けると聞いたことがあります。

枝の更新ができていないのは、台芽のせいなのか、株元に日が当たらないからなのか、その両方なのか…。

とりあえず実験するつもりでこのままいくか、手配中の大苗と入れ替えるか、悩み中です。

手配中の大苗は三株あり、入替えする株は今回枯れてしまったロサ・グラウカ以外に後二品種選ばなければなりません。

樹形の悪いシュラブから二品種選ぶか、黒点病に弱い品種を選ぶか、まだ決めかねています。


それから、剪定後、鉢が軽くなっていたので水やりをしました。

今は、だいたい一週間に一回のペースで水やりをしています。

葉を取って剪定したので、今後はもう少しスローペースにできるように思います。


出勤前に、昨日と今日使った剪定鋏の手入れをしておきました。

DSC_0935_20240114223959915.jpg

といっても、アルコール入りのウエットティッシュで拭いただけですが…。

最近、面倒なのでヤニトリを使っていませんが、ウエットティッシュで十分綺麗になります。

ウエットティッシュは、アルコールの強い脱脂作用が有効なので、ノンアルコールタイプはお勧めしません。

成分が水だと錆びますしね。


尚、沢山鋏を使っていますが、枝の太さと、剪定以外(紐を切る)で使い分けています。

昨日と今日で同じ鋏は使っていないので、基本的には大小の二本で剪定しています。

大で大まかに切って、大だと芽が見えないので小で細かい調整をしていく感じですね。

ホールド機能がある鋏は、落として花弁が散らないのように花付き枝を切る時に使っています。

極太枝は、アンビル鋏や鋸を使います。


この後は、誘引しているシュラブとベランダの木立ちの剪定が待っています。

少なくとも剪定は、今週中に終わらせたいと思っています。
スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

nagukan

バラのオフシーズンは、鳥撮りや稀にPC関係の記事も書いています。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

検索フォーム

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

CustomCategory

メールフォーム