FC2ブログ

5月中旬までの降雨量。

ハイシーズンの大雨について、調べてみました。

いつもお世話になっている気象庁の過去の気象データ・ダウンロードのデータを利用しています。

また『強い雨』の定義も気象庁の予報用語を参照させて頂きました。


大阪の過去5年の同期比で一日の降雨量を比較してみました。

5月の降雨合計

梅雨入り前の5月中旬までをみても、それなりに雨が降る日がある様です。

比較的GWは例年も雨が少ない様ですね。


次に5月中旬までの合計や平均をみると…、

5月の降雨合計計

2018年は突出していて、逆に2019年は降雨が少ないですが、今年は平均的な感じがします。

過去のブログ記事やツイートを確認してみましたが、5月に大雨が降って泣きが入っているのは珍しくない様です。(^_^;)


それから、一日の合計だとダラダラと降って降雨量が多いのか、短時間で強い雨がダーッと降ったのかが判りません。

そこで、10分間当たりの降雨量も調べてみました。

『強い雨』の定義は、前出の情報から1時間雨量が20㎜以上~30㎜未満となります。

10分間の雨量に直すと、3.33㎜以上降ると『強い雨』以上となります。

5月の降雨最大

強い雨以上の雨は、この時期、毎年降っている様です。

5月の降雨最大計

2015年5月16日は、10分間で8.5㎜、一時間換算で51㎜の雨が降っていました。

51㎜の雨は、『強い雨』の2ランク上の『非常に激しい雨』で「滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)」状態です。

過去の情報をみると、その日の朝、凋花切りして、その後、泉南DAにバラを見に行っていました。

泣きは入っていますが、意外に大被害という程ではないですね…。(^_^;)


結局、毎年、ハイシーズンの大雨に泣いているということを繰り返している訳です。( ̄▽ ̄)

これを避けるには、温室でもないと無理ですね…。orz

庶民には厳しいなぁ…。( ノД`)シクシク…

スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
48位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム