FC2ブログ

またか!(≧▽≦)

次の商品説明を読んだら、ポチっていました…。(≧▽≦)

------------------------------------------------------------------------------------
2011年 の図録本 全 144ページ

フランス革命前後、王侯貴族や上流階級の人々から「花のラファエロ」あるいは「バラのレンブラント」と呼ばれた、
ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテの色彩版画を紹介した展覧会の図録

 目次
 『美花選』に至る道
 『イギリス稀少栽培植物誌 1786年から87年にロンドン近郊キュー植物園で観察』
 『自然三界総覧・植物界』
 『ラ・ペルーズ探索航海図録』
 『フランス喬木灌木図譜』
 『ジャン=ジャック・ルソーの植物学』
 『ユリ科植物図譜』
 『バラ図譜』
 作品リスト
 『美花選』最も美しい花々
 早春の可憐な花々
 初夏の庭 バラの花園
 ヨーロッパの花々 アルプスから地中海まで
 美しき実り 果物の肖像
 庭の新しい仲間たち 遠方からの導入種
 東洋への憧れ
 エキゾチックな植物
 ブーケの魅力
 作品リスト
 ベラムに描かれた水彩画
 作品リスト
 特別出品『バンクス花譜集』
 作品リスト
 ルドゥーテの豪華植物図譜が出来るまで
 点刻彫版法(スティップル法)とは
------------------------------------------------------------------------------------

DSC_0174.jpg

ルドゥーテの本は結構持ってるのですが…。(^_^;)

 ❖宮廷画家ルドゥーテとバラの物語
 ❖美花選 【普及版】
 ❖Les Roses バラ図譜 【普及版】
 ❖Roses: Mini Archive with DVD
 ❖Redoute~マリー・アントワネット、ジョセフィーヌが愛した宮延画家ルドゥーテの描いた美しき薔薇の世界
 ❖薔薇空間 宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々
 ❖The Roses: The Complete Plates (Taschen 25th Anniversary)
 ❖バラの画家ルドゥテ

誘惑に弱いのです…。

DSC_0175.jpg

良く言いますが、煩悩の塊なんです…。(^_^;)


ついでに思いつきましたが、ルドゥーテのバラをラフに水彩画で描けたらいい作風になるかも…。(≧▽≦)

ってどんな絵やねん…。

ちょっと妄想中です。(≧▽≦)

スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

カウンター

リンク

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
28位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム