FC2ブログ

浜寺ばら庭園ボランティア。(八日目だけど六回目)

今日は、浜寺ばら庭園ボランティア育成講習会の日でした。

浜寺公園に到着すると、殆ど人気(ひとけ)がありません…。(^_^;)

IMG_4853_2018082520350080b.jpg

真夏の13時のバラ園…。

IMG_4854.jpg

もちろん誰もいません。(・´з`・)

IMG_4855_201808252035039f9.jpg

暑さに耐えきれず、さっさと講習会場に移動です。(^_^;)


今日のテーマは、「バラ野生種の分類と見分け方」です。

講師は、千葉県立中央博物館主任上席研究員(他にも役職色々)の御巫由紀さんでした。

この分野では第一人者の方ですよね。

電車の中でも、著書の「魅惑のオールドローズ図鑑」を読んでいました。(*^-^*)


日本には、16種の野生種があり、その全てが浜寺ばら庭園にあるそうです。

❖バラ亜属シンステラ節(10種)
 ①ノイバラ
 ②ツクシイバラ
 ③ヤマイバラ
 ④テリハノイバラ
 ⑤リュウキュウテリハノイバラ
 ⑥ヤブイバラ
 ⑦アズマイバラ
 ⑧モリイバラ
 ⑨ミヤコイバラ
 ⑩フジイバラ
❖バラ亜族ハマナス節(4種)
 ⑪ハマナス
 ⑫カラフトイバラ
 ⑬オオタカネバラ
 ⑭タカネバラ
❖バラ亜族カカヤンバラ節(1種)
 ⑮カカヤンバラ
❖サンショウバラ亜属ミクロフィラ節(1種)
 ⑯サンショウバラ

です。

分類の再確認の為にネットを検索したら、だいぶ前に作った自分の資料が引っかかりました。(^_^;)

この資料は、バラ本からまとめた内容で、意味が解っていたかというと怪しいんです。( ̄▽ ̄)

でも、今日はこの資料の意味が分かるような講義内容でした。(≧▽≦)


後、「ハマナス」なのか「ハマナシ」なのか論争に関しての話も聴くことができました。

この件は私も昔、ネットで調べたことがあり、聞いたことがある件です。

「ハマナシ」が訛って「ハマナス」になったという説がありますが、実はその説自体が近代の話らしいです。

江戸時代の古文書には明確に「ハマナス」と書かれているというお話でした。

 貝原益軒 「花譜(1694年)」、「大和本草(1709年)」
 寺島良安 「和漢三才図会(1713年)」

今日の講義はかなり面白かったです。(≧▽≦)


そして、講義の後、ばら庭園でローズヒップを見てきました。
 
☑ロサ・ギガンティア
IMG_4858_20180825203504dde.jpg
初めて見ました、でかいです。

☑サンショウバラ
IMG_4860_20180825203506b29.jpg

☑ロサ・ロクスブルギー・ノルマリス
IMG_4862_2018082520350746c.jpg

☑ナニワイバラ
IMG_4864_201808252035095de.jpg

☑ノイバラ
IMG_4866_201808252035105f4.jpg

☑ツクシイバラ
IMG_4867_20180825203512e9b.jpg

と、他の原種のヒップも見に行こうとしたら、通行止めでした…。orz

IMG_4868_20180825203513948.jpg

仕方なく戻っていくと、正門も閉められそうな状態に…。(≧▽≦)

IMG_4869_2018082520351568e.jpg

最後ですが、今年の12月に御巫さんの新刊「のばらずかんハンドブック」が出版予定だそうです。

出たら入手しなくちゃ…。(≧▽≦)


スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

カウンター

リンク

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
335位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
35位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム