FC2ブログ

分岐点のバラ、ラ・フランス。

昨日は、結構、冷酒を呑みました…。^_^;

その為、今朝は、ちょっとゆっくりと活動開始です。

昨日、何を取り上げるのかは考えてはいたのですが、酔っぱらってブログは書けないので、朝の更新です。


それでは、なんとも脈絡(ネタ?)がなく、書いてますが…。の第二十一弾です。    

ハイブリッド・ティ第一号のラ・フランスです。
IMG_9895.jpg
品種名 ラ フランス(La France)
別名  Prinzess Christine von Salm
作出年 1867年
作出国 フランス
作出者 Jean-Baptiste Andre (fils) Guillot
系統  Hybrid Tea
交配  Madame Falcotの実生
花径  大輪
香り  強香
開花  四季咲き

オールドローズとの境界線のバラとして有名ですね。



村田バラ園さんのHPに書かれていますが、長い間マダム ヴィクトール・ヴェルディアとマダム・ブラヴィーの交配とされて来たのに2000 年に刊行された Modern Roses XI ではこの交配記録は削除されているそうです。
その為か、Help Me Find では、Seeding of Madame Falcotになっています。

結構、表情豊かで色々な顔を見せてくれます。
IMG_9700.jpg
こんな風に丸い感じの開きかけに良く出会います。

なかなか蕊まで見える時に出会えません。
IMG_5511.jpg
見に行くタイミングなんですかね…。^_^;

モダンなハイブリッド・ティに比べると、まだまだオールド・ローズの雰囲気が強い気がします。
IMG_8806.jpg
花弁が丸まって先が尖っているので、剣弁咲きというやつですね。
IMG_3155.jpg

歴史的な薔薇なので、結構、どこのバラ園にもある気がします。
ちゃんと確認はしてませんけど…。^_^;

中之島バラ園には確実にありますので、もし機会があれば会えますよ。
場所は、モダンローズの歴史を表現しているパッチワーク花壇の一番西側かな。
確か、バラの小路にもあったと思います。
スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

コメント

非公開コメント

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

カウンター

リンク

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
31位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム