FC2ブログ

バラの枝…。

昨日は、あまりに眠気が襲ってきたので、さっさと寝てしまいました…。(^_^;)

写真を選んで、ネタも考えていたのですが、眠気には勝てませんでした。

なので、今日の写真は昨日の写真になります。(''ω'')


考えていたのは、バラの枝についてです。

バラの品種によって、主幹(樹木でいう幹)の太さが全然違います。

主幹が太いということは、どういうことかというと…。

 ①背丈が高い(つるバラやシュラブ、HT、多くの原種等)
 ②大きな花が咲くか、大きな房で咲く(HT、多くの原種等)
 ②中ぐらいの枝が沢山でる(つるバラやシュラブ、多くの原種等)

要するに「重たいものを支える為に太い」ってことですね。

その結果、枝が太い程、開花サイクルが長いとも言えます。

伸びるのに時間が掛かるし、大きな花の蕾が大きくなるまでの時間が掛かりますからね。


逆に主幹が細いということは、以下の様なことが言えると思います。

 ①背丈が低い(ミニバラやポリアンサ、FL等)
 ②小さな花が咲くか、小さな房で咲く(ミニバラやポリアンサ、FL等)
 ②細枝が沢山でる(ミニバラやポリアンサ、FL等)

枝が細いということは、「重いものを支える必要がない」ということですね。

そして、伸びないで咲くということは、太い枝と比べると開花サイクルが短いということが言えます。


だから、夏剪定は品種によって、剪定時期や剪定位置の目安が違うということになります。

 ①太い枝は咲くのに時間が掛かる為、夏剪定は早めにする
  (但し、太いといっても一季咲きは切っても秋に咲きません)

 ②早く咲かせたい時は、枝の細い所を狙って浅く切る
  (大輪の品種を浅く切り過ぎると花が小さくなります) 

ということを基本として、夏剪定する様にしています。

でも、家では夏剪定せずに、エンドレス剪定(凋花切りと樹形を整える剪定)にする場合もありますが…。


では、昨日の写真です。

無理やりネタに紐づけするなら、エンドレス剪定の対象の小輪四季咲きのバラの例です。

☑花見小路(パティオ)
IMG_2807_2017081207164653b.jpg

☑Mia愛子(パティオ)
IMG_2811_201708120716527c6.jpg

☑てまり(パティオ)
IMG_2808_20170812071647ae0.jpg

パティオローズは、ミニバラよりも大きい小型のバラになります。


こちらは、夏剪定するバラです。

☑シャンテ・ロゼ・ミサト(シュラブ)とシェエラザード(シュラブ)
IMG_2809_20170812071649472.jpg

ちょっとややこしいのは…。

☑パルフェ・タムール(CL)
IMG_2810_2017081207165087d.jpg
つるバラなので、枝を伸ばす為に夏剪定しないでおこうと思っています。

そして、つるバラだけど繰り返し咲きなので、エンドレス剪定と同じ扱いかもしれません。

パルフェ・タムールは、よく房咲きするので、花後に房を切り戻しています。

基本の基本、花後に剪定するですね。(^_^;)

スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
324位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
33位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム