fc2ブログ

バラの開花調整。

先日、花フェスタ記念公園で栽培管理をされている方に、一部の場所は開花調整しているという話を聞きました。

その時は、どうやって?とは聞かなかったのですが…。

皆さんは、バラの開花調整と聞いて、どんな方法が思い浮かびますか?

私が思いついたのは、以下の手段です。

❖温度調節
  暖めれば早くなるし、冷やせば遅くなる
  鉢やハウス栽培ならできるけど、路地植えは無理

❖剪定位置
  浅く切れば早くなるし、深く切れば遅くなる

❖切り戻し
  何もしなければ普通に咲くし、芽が動いてから切り戻せば遅くなる
  
❖日照量
  日当たりが多ければ花が多くなるし、日当たりが悪ければ少なくなる
  これは、開花調整ではないなぁ…

そして、開花調整しているという実物を見て、ハッと気が付きました。(^_^;)

IMG_3895_201705302218201f5.jpg

上の写真を見て、方法が判りましたか?

シュートが赤くて若いですよね。

こんな瑞々しい枝は直ぐ咲きません。

どうして、こんなシュートなのか…。

それは、最近になって伸びたシュートだという事です。

どうしたら、新しいシュートがでるのか…。

そう、春のシュートをピンチ(切り戻し)したからです。

別の枝を見ても、ピンチしている事が判ります。

IMG_3896.jpg

ピンチすると、シュートも増えます。(草花の摘芯と同じ)

シュートを出し直させるので、蕾ができるまでに時間が掛かり、開花を遅らせることができますね。

答えは聞いていないけど、多分あってるのでは?と思っています。


それから、全然、話が変わりますが、今朝咲いたパシュミナでちょっと実験を…。

カメラのホワイドバランス(WB)を変えて撮ってみました。

❖太陽光
IMG_3966_20170530221823fe4.jpg

❖日陰
IMG_3967_20170530221824144.jpg

❖くもり
IMG_3968_201705302218269ac.jpg

朝日なので、元々黄色みが掛かっていますが、温かみが変わりますね。

WBを蛍光灯に設定して撮れば青く冷たい感じなりますが、今回はやっていません。

実は、ピーカンの時は写真が面白くないので、色々設定を変えてバラを撮ってみたいと考えていたのです。

でも、花フェスタに行った時は忘れていたので、家でちょっとやってみました。

って、本当は、RAWで撮れば、後で加工できるんですけど、いつもはデータ量を減らす為にJPGで撮っているんですよね。(^_^;)

やっぱり、RAWで撮った方がいいのかなぁ…。

花フェスタの時でも700枚以上撮っていたので、RAWにすると写真を精査しないとえらい事になりそうです…。(;´Д`)

スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

nagukan

バラのオフシーズンは、鳥撮りや稀にPC関係の記事も書いています。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

検索フォーム

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

CustomCategory

メールフォーム