FC2ブログ

バラの品種登録や商標登録。

バラ等の植物は品種登録されてると、勝手に増やしちゃいけないとか販売しちゃいけないという「種苗法」があります。

簡単に言うと「著作権」みたいなもんですが、毎年お金を払わないといけない事が大きく違います。

その他にも、商標登録しているものは勝手にその商標を使ってはいけないという「商標法」があります。

どちらも、何年もかけて苦労して作出したバラの品種の作出者の権利を守るために使われる法律です。


ちょっとしたきっかけで、品種登録や商標登録を調べることになったのですが、その検索システムで興味深い事が判ります。

品種登録の情報は、農林水産省品種登録ホームページで検索できます。

品種登録/出願公表データの検索ページで、検索条件を指定すると色々検索ができます。

まず、「農林水産植物の種類」に「ばら属」と入力します。

後は、「出願者の氏名」、「育成者の氏名」、「出願年月日」等を指定して検索するだけです。

下記の例示した検索条件だと、去年1年+1日(~2016/12/31としなかったから…)に出願された品種が判ります。

品種登録

検索結果から、新しい品種がでるのかなぁ…とか、これは去年発表された品種かなぁ…という妄想が膨らみます。

と言っても、品種名がコードネームだったりするので、流通している品種名は判らないこともありますが…。(^_^;)


もう一つの商標登録に関しては、J-PlatPatというシステムで検索できます。

こちらは、ちょっと分りづらいのですが、「商標」の「商品・役務名検索」で、検索します。

大事なことは、バラの「類似群コード」が、「33D01」である事を知っていることです。

バラの「類似群コード」は、別の画面で検索できるのですが、最初から判っていれば、いちいち検索しなくて済みます。

まず、一つ目の検索項目で「類似群コード」をプルダウンで選んで、検索キーワードに「33D01」を指定します。

後は、残りの条件を2つまで指定できるので、以下の検索項目等で検索すると良いと思います。

「称呼(単純文字列検索)」、「商標(検索用)」、「出願人/書換申請者/権利者/名義人」

商標登録

ちょっと癖があって、「出願人/書換申請者/権利者/名義人」は完全一致の様なのです。

「京成」や「京阪」じゃ検索できず、「京成バラ園芸株式会社」、「京阪園芸株式会社」で検索する必要があります。

DAになると、「デビットオースチンロージズリミテッド」になりますので、分りにくいですね。(^_^;)

色々検索してみたのですが、へぇ~って感じになりました。(≧▽≦)


何故、こんな事を調べたかというと、ERが挿木苗で売られていたからなんです。

ERは、二年生大苗を売るのが方針だと思っていたので変だなぁって…。

調べてみると古い品種で、育成者権が失効しているみたいでした。

でも、商標登録は有効だったので、挿木苗はやっぱりやばいんじゃないの…と思います.。


個人的には育成者を守るのは、法律だけでなく、消費者もだと思うんです。

CD(古い?)だって買わなきゃ、アーティストも継続活動できなくなっちゃうと思います。

それと一緒で、正規のバラ苗を買わなきゃ、育種者が新しいバラを作れなくなっちゃいますよね。

消費者としては安い方が良いかもしれませんが、育種者のファンでもありたいと思っています。


スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

カウンター

リンク

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
37位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム