FC2ブログ

バラにしてあげる事…。

昨日は、バラの魅力について書いてみました。

では、そんなにバラには特別な事をしないといけないのか…。((+_+))

IMG_2310_201701122146501d6.jpg

大雑把に言えば、バラにしてあげる事は、こんな事です。

 ❖水やり
  鉢植えは、乾いたらたっぷりあげる
  地植えは、よっぽど雨が降らない時だけあげる

 ❖肥料やり
  鉢植えは、休眠期以外に月1回の固形肥料か月2回の液肥
  地植えは、寒肥、花後のお礼肥え

 ❖ピンチ
  新苗や若い木は、樹形を作る為にやる

 ❖凋花切り
  終わった花を摘む

 ❖切り戻し
  花後に切り戻しする  

 ❖見回り
  病害虫を確認する

 ❖薬散
  病害虫の予防や治療で散布する  

 ❖剪定
  休眠期に枝を深く切り戻す

 ❖誘引
  つる性のバラは、休眠期に誘引する

 ❖植替え
  鉢植えは、成長に従い鉢増しをしたり、用土替えをする


バラも植物なので、基本的には、草花や花木にしてあげる事と同じなんです。(*´▽`*)

多くの草花は、乾いたらたっぷり水やりします。

鉢物の草花は、毎月固形肥料をやったり、液肥を毎週あげたりします。

草花も花数を増やしたかったら、ピンチします。

花期の長い草花は、徒長しない様に切り戻しをします。

草花も見回りをして、害虫が付いたり、病気になったりした場合には、薬剤散布をします。

宿根草や多年草は、鉢増ししたり、用土替えしたり、株分けをします。

宿根草や庭木、街路樹も剪定します。

つる性の植物や果樹も、誘引が必要なことがあります。

ほら、バラだけが特別な事をする訳じゃないでしょ?(≧▽≦)


もし、ホッタラカシの草花ならば、長い期間咲く草花だとしても、最後まで綺麗に咲いてくれないと思います。

それは使い捨ての育て方なんだと思います。


ちゃんと世話をしてあげる事で、バラは何十年も花を咲かせてくれます。

しかも、四季咲きの花木なんて、そうそうないですよね。


それから、4,000円で最新品種の大苗を買ったとして、10年枯れなかったら一年当り400円です。

1,000円のバラもありますから、5年枯れなければ一年当り200円、10年枯れなければ一年当り100円です。

300円の一年草を3株買っても900円で、大抵は一年も持ちません。

実はバラは凄くコストパフォーマンスが良いと言えるかもしれませんよ。(*´▽`*)


スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
31位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム