FC2ブログ

バラの魅力…。(*´▽`*)

昨日は、色々草花を育ててみた後、バラにたどり着いた話を書きました。

今日は、何故、バラなのか、バラの魅力を考えていました。

IMG_2226_2017011121310818f.jpg

勿論、美しい花や、良い香りや、繰り返し咲くという理由が一般的だと思うのですが…。

一番は、他に類がない程の多様性がある事だと思います。

だから、沢山のバラを育てても、飽きることがないのではないでしょうか。

思いつくだけでも、こんなにバリエーションがあります。

 ❖花形(平咲き、カップ咲き、高芯咲き…)
 ❖花数(単花咲き、房咲き)
 ❖花の大きさ(小輪、中輪、中大輪、大輪…)
 ❖花弁の数(一重、半八重、八重…)
 ❖花弁の形(丸弁、剣弁、ハート…)
 ❖花弁の色(白、桃、赤、黄、紫、茶、橙、緑、バイカラー、ブロッチ…)
 ❖花の香り(ダマスク、フルーツ、ティ、スパイス、ミルラ、ブルー…)
 ❖蕊の形(丸見え、ボタンアイ…)
 ❖蕊の色(黄、赤…)
 ❖萼の形(兎耳…)
 ❖葉の形(3枚葉、5枚葉、7枚葉、9枚葉…)
 ❖葉の大きさ(小、中、大…)
 ❖葉の色(深緑、緑、薄緑、グレイ、照葉、紅葉…)
 ❖棘の形(なし、細い、太い、平たい…)
 ❖枝の色(緑、赤、白…)
 ❖樹形(ブッシュ、シュラブ、クライマー、ランブラー…)
 ❖樹高(ミニ、ブッシュ、クライマー…)
 ❖開花周期(一季、繰り返し、四季咲き)
  :

他にも色々あると思いますが、全ての組合せのバリエーションがあると考えると、とてつもない種類がある事になります。
(できない組合せもあると思いますが…)

これまで、育種家の方が大変な労力と時間を掛けて沢山の品種が生まれています。
更に、耐病性や耐陰性、耐寒性等も取り入れたり…。

それに、バラは昔から人を魅了してきた分、深さや奥行きがありますね。

育てて花を見るだけじゃなく、ヒップや切花も楽しめますし…。

育てる過程も楽しいです。(≧▽≦)

やっぱり、改めて考えてみても、バラの魅力は凄いと思います。


そんなバラに出逢えて幸せ…。(*´▽`*)


スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
32位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム