FC2ブログ

ハダニの本、読み終わりました。

昨日の晩、寝る前に

 『ハダニ おもしろ生態とかしこい防ぎ方』井上雅央 著

を読み切りました。^_^



ところが、中盤からは、イチゴやホウレンソウ、アスパラガス等の農家の話が前提なんですよね。(;゚д゚)
一般家庭のロザリアンとしては、話が合いません…。orz

例えば、作業場所や作業内容として

 ・苗圃場
 ・本圃場
 ・ハウス
 ・育苗
 ・下葉取り
 ・収穫
 ・輪作
 ・ビニールの張り直し
 ・残滓の始末
 ・薬剤散布
 ・機械耕作


等がでてきますが、家庭のバラ栽培とは状況が、かなり違います。(T_T)



ん………。
ん………。
ん………。

でも、バラの栽培に置き換えて、考えればそれなりの対策が見えてきそうです。

今日のセミナ-で聞いた話も交えて、考えてみました。

☑ハダニの対策

・いつ来るかわからないので、観察が大事。
 (何処にでもいるので、歩いたり、飛んできたりする)
・小さくて見えなけれは、メガネ、虫眼鏡を使う。
 (年を取る程、見つけられない)
・他の病気や肥料不足と間違わない。
 (対応を間違うと効果が無く、被害は拡大)
・定期的な予防対策もあり。
 (そろそろ出てくる時期だとか…)
・誰かが防除を始めたら真似するのもOK。
 (周りで発生しているかも…)
・見つけたら直ぐ対処、後回しにすると、鼠算的に増殖する。
 (単純計算で、10日で100倍、20日で10000倍)
・鉢なら、雨の当たる所へ移動する。
・雨が降らない、当たらないなら、葉裏にバラシャワーする。
・被害にあった葉を取りすぎない。
 (残った葉に被害が集中する)
・落ちた葉、取った葉は、ビニール袋に入れて口を縛り、縛り口を下にして置く。
 (とても小さいこと、上に登る性質から脱出する)
・薬剤を使うなら、殺虫剤ではなく殺ダニ剤。
 (間違うと天敵を殺してハダニ天国)
・散布残し、散布ムラを作らない。
 (そこで繁殖する)
・朝、バラシャワー、夕方、薬剤散布が効果的。
 (バラシャワーの直ぐ後に薬剤散布すると、希釈がおかしくなる)
・幼虫・成虫にだけ効く、卵にだけ効く薬があるので、最低2回は散布する。
 (例えば、1回目で幼虫・成虫が死んで卵が残るが、2回目でその後卵から孵化した幼虫・成虫が死ぬ)
・散布の間隔は1~2週間。
・耐性が付きやすいので、同じ薬剤を連用しない。


こんな感じでどうでしょう?
実践できれば、ハダニを退治できるかもしれません。



最後に、またまた愛想なしな感じなので、今日行ってきた京阪園芸ガーデナーズさんで咲いていたローズ・ポンパドゥールをどうぞ。
IMG_6664.jpg
スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

コメント

1305mai

No title
こんばんは!なるほどね~よくわかります。葉を落としすぎない方がいいんですね~
めっちゃ参考になりました!ありがとうございます~~^^あすから早速どれも実践~!

nagukan

1305maiさんへ
葉が緑ならまだ光合成しますから、バラが要らないって落とすまでは見た目が汚くても置いておく方が良いと思います。

ハダニ退治、頑張ってね。^_^


非公開コメント

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
31位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム