FC2ブログ

少し勉強してみました『積算温度』

久々にお勉強モードです。^_^;

『積算温度』という考えがありまして、農業の収穫時期や桜の開花予想、花粉の飛散、コンクリートの強度計算など色々なことの予測に使われるものがあります。
これを使って、バラの開花予想ができないかと考えました。

秋剪定後の開花予測で使っているのをインターネットでも見かけますが、春の開花予想で使っているのは見かけませんでした。^_^;

とりあえず色々調べたことやセミナーで聞いたことを箇条書きにしてみると…。

・積算温度とは、あるタイミングから毎日の平均気温を合計したもの
・バラの芽が活動し始める温度は12度
・3月に芽が動き出す(啓蟄前後、今年は3/5)
・25℃~15℃がバラの生育適温(特に良いのは20℃~18℃)
・芽が動き出したら止まらない


この前提をもとに、気象庁のデータを使って、気温と開花品種数のグラフを作ってみました。
積算温度
まず「バラの芽が活動し始める温度の12度」に着目して、2つのパターンの積算温度を考えてみます。

①最高気温が12℃を超えた以降の平均気温の累積
②平均気温が12℃を超えた以降の平均気温の累積

今年は、①と②に、二週間程の開きがあります。

ツイッターのログを見ると、

・2/26には、新芽を記念撮影
・3/2には、新芽の展開が増加

とつぶやいてました。

今年の春先は気候が不安定だったので怪しいかもしれませんが、とりあえず①を目安にしてみます。^_^;


その結果を基に品種毎の開花日の積算温度を表にするとこうなります。
品種別積算温度

これを使えば、来年の開花予想が立てられるかもしれないですね。^_^
あくまでも目安ですし、気温だけでなく日照も関係するとは思いますが…。

まあ、素人のお遊びということで…。( ̄◇ ̄ノ)ノ
スポンサーサイト



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ  

コメント

非公開コメント

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
534位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
49位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム