FC2ブログ
  • 今年は東京の桜の開花がとても早くて、開花宣言は3/14日でした。東京は既に満開の様ですが、大阪はまだ咲き始めで、開花宣言は3/23でした。昨日使った気象庁の過去の気象データ・ダウンロードをまた利用して、実際に積算温度を比較してみることにしました。桜の開花予想は、2つの積算温度を使うそうです。 ①2月1日以降の「最高気温」の積算が600度を超えると開花する「600度の法則」 ②2月1日以降の「平均気温」の積算が400度を超... 続きを読む
  • 昨日、大阪は4日早く桜の開花宣言がありました。やっぱりバラも早く咲くのでしょうね…。データが気になるので、気象庁の過去の気象データ・ダウンロードを利用して、過去10年の2/1~3/23の平均気温のグラフ化してみました。2月開始にしたのは、木立ちの剪定時期になる為で、剪定してリセットされる時期からの積算平均気温にしています。直近3年分は太線にしています。過去10年間では、今年が一番2月からの積算平均気温が高いです。... 続きを読む
  • 昨日の調査結果から、生産量の多い都道府県、生産性の高い都道府県の5位以内を参考にして年間施肥量を調べてみました。数値は、農林水産省の都道府県施肥基準等の情報を参考にしています。条件としては、土壌栽培であること、養液栽培でないことで選んでいます。その為、福岡県はロックウール栽培しかなかったので対象外としました。結論としては、各都道府県毎に基準の条件設定から全然異なっていて、混乱してしまいました。(^_^;... 続きを読む
  • バラの施肥量を調べていたら、国内の切花バラの都道府県別生産統計を見つけました。何故、ここにたどり着いたかというと…。まずバラの施肥量の基準を調べていると、「都道府県施肥基準等」という情報が農林水産省で掲示されていたのです。だったら、一番生産している都道府県を参考にしてはどうかと思って更に調べたところ、「作況調査(花き)」を見つけました。そこで、「平成30年産」をクリックすると、「政府統計の総合窓口(e-... 続きを読む
  • 少しバラの入れ替えをしたので、家のバラのリストをメンテしました。前回同様のグラフもつけておきます。☑購入したバラの増減グラフ(実生や頂いたバラは含まず)増やすなら減らすを徹底しています。(^_^;)☑新苗と大苗どちらを購入?だいたい半数づつで、欲しい時にどちらの苗があるか?が関係していると思います。☑家のバラのリスト(今もあるのが青、お嫁に出したのが燈、お別れしたのが赤)ミニバラのグリーン・アイスが11年を... 続きを読む
  • バラについて考えるシリーズは一旦終わった感じでしたが、これまでとちょっと違う観点で考えてみました。ふと疑問に思ったのですが、バラに惹かれる理由は何なのかということを考えることにしました。色々と考えてみたのですが、現在と大昔ではだいぶ事情が違う気がします。自分がバラに惹かれた理由を考えてみると以下の点が挙げられます。 ❖バラの姿は美しい ❖バラの香りは心地よい ❖バラは歴史がある ❖バラは奥深い ❖バラ... 続きを読む
  • 今日、バラについて考えるのはバラとの付き合い方です。バラってとても魅力的なので、その魅力によってバラ沼に引き込まれる場合があります。大量にバラ苗を購入したり…。バラの本を沢山購入したり…。バラのセミナーに参加したり…。あちこちのバラ園に行ったり…。バラの為にデジイチを購入したり…。バラのブログを書いたり…。バラのボランティアに行ったり…。って、自分の事ではないですか。( ̄▽ ̄)ま、好きこそものの上手なれです... 続きを読む
  • 今日、バラについて考えるのはバラの増やし方です。バラを増やす方法にはいくつかあります。一番簡単なのは、バラ苗を購入することです。他には、挿木する、接木する、種を蒔くという方法もあります。では、それぞれの方法について考えてみますね。①バラ苗を購入する お気に入りの品種を探して、販売されているバラ苗を購入することができます。 バラ苗はバラを多く取り扱っている園芸店で探すのがお薦めです。 バラ苗を扱う園... 続きを読む
  • 今日、バラについて考えるのは育て方です。バラを育てるのは難しいというイメージがありますが…。実は植物の基本的な育て方をすれば良く、バラだけに特別な育て方がある訳ではありません。一年草も多年草も植木もバラも同じです。 ①水やりをする ②肥料をやる ③摘心/剪定(切り戻し)をする ④凋花切りをする ⑤病気を予防/治療する ⑥害虫を予防/退治する ⑦鉢増しするこれって、大抵の植物にもやる作業ばかりなのです。ただ、... 続きを読む
  • 今日、バラについて考えるのは葉です。バラの葉の特徴といえば、羽状複葉であるということです。羽状複葉というのは、複数の子葉が合わせて一枚の葉になっているもので、子葉が多い程、鳥の羽の様に見えます。子葉というのは簡単にいえば小っちゃい葉っぱです。葉脈の主脈が一本通っていて、そこから枝分かれした側脈を中心とした子葉があります。そして、バラで使われる3枚葉とか5枚葉の枚数は、子葉の数を指します。基本的にバラ... 続きを読む

nagukan

@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

リンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

CustomCategory

検索フォーム

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
18位
アクセスランキングを見る>>

PVアクセスランキング にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

メールフォーム