FC2ブログ

綺麗な花には棘があるかもしれない…

大好きなバラについて書いちゃおうと思います。

Entries

何故、こんなにバラに惚れたのか?の答え。

今日は、予定通り薬散して、台風で傷ついた車の補修をしていました。

因みに薬散は、黒点病の治療薬としてサルバトーレMEを3000倍、殺虫剤のアファーム乳剤を1000倍で、2ℓ 散布しています。


そして、今日はブログに何を書こうかと考えたのですが、宿題を早々に片づけることに決めました。

IMG_2560_20180916221634534.jpg

まず、バラとの出会いですが…。

2006年に家を買ってから、花を育てたくて、最初は一年草を育てていました。
でも、一年草は3ヶ月に一度位の植替えがあり、かなり負担を感じていました。
鉢底石を洗って、古土を新しい土を入替えて、花を植え替えるする度に腰痛でボロボロになります。
パンジーやスミレを育てると、必ずと言っていい程、恐ろしい数のツマグロヒョウモンの幼虫が発生します。
咲いたその日に暴風でチューリップがバラバラということも何度もあります。
花に癒されようと思っていたのに、思う様にならずストレスが溜まる事も多かったと思います。

一方で、バラのイメージは敷居の高いものでした。
 
 ❖コンテストに出品する為に育てる花…。
 ❖お金持ちの趣味…。
 ❖手間が掛かる…。
 ❖お金も掛かる…。
 ❖庭がないと無理…。
 
そういう中、ミニバラなら手軽だろうと思い2008年の冬から育て始めます。
今から思うと、12月の冬にバラが青々として咲いている…っておかしいんですよね。
温室育ちのミニバラをいきなり露地栽培していましたから、無知とは恐ろしいものです。
しかも、一気に8株まで増やしていたのです…。

そこから、本やインターネットでバラの事を調べ始めて…。
翌年の春に、植物園やHCにいって定番のつるバラや木立のバラに手を出します。
いきなりつるバラってと、またもや無知の恐ろしさを発揮します。
春なのに、つるバラを曲げて誘引しようとして枝を折っていましたから…。
これではまずいと、バラの本を色々と買ってバラの育て方を調べる様になりました。

その後、2010年にTwitterで木村卓功さんや小山内健さんとお友達になったんですよね。
そこから、バラの深みにどんどん嵌まっていったと思います。
この頃は、バラを育てている人に悪い人はいない、良い人しかいないと思っていました。
(今は、世間一般と同じで、気の合う人もいるし、合わない人もいる)
そして、リアルな講習会に行く様になって、バラの奥深さを知ることになります。
更に、色々なバラ園に出掛ける様になり、バラの写真を撮る様になりました。
バラの本も次々と買う様になり、バラ苗はネットや大手の園芸店で手に入れるものと考える様になりました。

こうして、この頃にはバラに対する考えもだいぶ変わっていました。
 
 ❖自分が楽しむために育てる花…。
 ❖飲みに行ったりパチンコに行くよりお金は掛からない…。
 ❖そもそも、バラに限らず植物とって必要な手間を掛けているだけ…。
 ❖何年も生きるので、実は苗のコストパフォーマンスは良い…。
 ❖鉢植えでも気楽に育てられる…。

確かにバラは、凝れば凝るほどお金は掛かります。
でも、バラじゃなくても趣味ってそんなものなんですよね。
車、釣り、ゴルフ、旅行等、他の趣味の方がバラより凄い事になっていると思います。

では、本題の何故、こんなにバラに惚れたのかというと…。

 ❖そもそも一年に何度も植替えをしなくて良い。
 ❖四季咲きなら何度も繰り返し咲いてくれる。
 ❖一口にバラといっても、花色、花型、香りなど、種類が豊富にある。
 ❖しかも、可愛かったり、綺麗だったり、良い香りがする。
 ❖調べれば調べる程、奥深い歴史と情報がある。

そんな花、他にありますか?ってぐらい、バラは突出した花だと思います。
実際に、バラの虜になっている人は多く、歴史が物語っている通りではないでしょうか。

というのが、バラに惚れた理由ではないかと思います。


スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

カウンター

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

CustomCategory

検索フォーム

サイト内検索 ( by Google )

検索フォーム

タグ

自宅 バラの管理 おでかけ バラ園 その他 特集 バラの本 中之島 セミナー  長居 データ 枚方 剪定 クリスマスローズ 実生 浜寺 2017年 花フェスタ 誘引 2015年 まつおえんげい 京都 泉南 和ばら  花の文化園 蜻蛉池 用土替え 越後 鶴見 比叡山 六甲 天王寺 あおい テスト 宝塚 分析 守山 施肥 遠足 散布 高島屋 須磨 バラのリスト 用語 山本 キモッコウ 好物 梅田 ガブリエル ブルー・バユー ブルーメの丘 スライドショー シェエラザード 万博 スパニッシュ・ビューティ シャンテ・ロゼ・ミサト クイーン・エリザベス バラの色 シビル姫 花見小路 ヴァグレット 名張 結愛 ニューサ みさき マルチ アジサイ 関東遠征 京成 ルイーズ・オディエ 屋上 ストロベリー・アイス てまり バラ ムタビリス ナニワイバラ 写真 日比谷 しのぶれど ショッキング・ブルー わかな メアリー・ローズ 香り スターリング・シルバー グリーン・アイス しずく 橿原 イザヨイバラ 淡路島 レポート 布引 霊山寺 シェマシェリ 芽掻き クレマチス Mia愛子 ルージュモン 大阪ステーションシティ 荒牧 コンパニオンプランツ グラハム・トーマス ブルー・ムーン 悠久の約束 クイーン・オブ・スウェーデン カクテル ピース インターナショナル・ヘラルド・トリビューン ジプシー・ボーイ ナエマ 世界バラ会連合 ジャクリーヌ・デュ・プレ ミミ・エデン バラの殿堂 デンティ・べス F&G ケニギン・フォン・デンマーク バロン・ジロー・ドゥ・ラン エテルネル シャリファ・アスマ 謎のバラ スイチャリ ゴールド・フィンチ 国色天香 用具 モッコウバラ エメラルド・アイル ルゴサ PdR イントゥリーグ ラベンダー・ピノキオ グレイ・パール スピリット・オブ・フリーダム ラ・フランス アンブリッジ・ローズ 若園 姫路 原種 フェリシテ・パルマンティエ ディスタント・ドラムス 馬見丘陵 ブラス・バンド うらら 芳純 ラブ 海遊館 おせかけ 動物園 モリナール おふさ観音 ベーシーズ マリア・テレジア 切り花 天王寺動物園 大泉緑地 南港 キュー・ランブラー 鶴見緑地 ミニバラ サリー・ホームズ ザ・プリンス クレア・オースチン 水やり ロサ・キネンシス・スポンタネア リージャン・ロード・クライマー 近所 ばら園 モッコウ 陽春園 ブラック・アトロルーベンス ブロッチのバラ クリスティアーナ オデュッセイア パシュミナ 住吉大社 大仙 2017年 谷津 おでかけ名張 奈良 花遊庭 アントニオ・ガウディ ジ・アレキサンドラ・ローズ カーディナル・ドゥ・リシュリュー ロサ・グラウカ 河内長野 ダフネ バラ本 おでかけ花の文化園 大阪城公園 ヘリテージ ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ カナリー・バード ピーチ・ブロッサム レディ・エマ・ハミルトン ディズニーランド・ローズ プリ・P.J.ルドゥーテ。 フランシス・ブレーズ ワイフ・オブ・バス セレッソ ジュピレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ ニュー・ウエーブ 金蓮歩 神戸 クロチルド・スペールト マダム・カロリン・テストゥ ブライダル・ピンク プリンセス・チチブ ヴァリエガタ・ディ・ボローニャ エドガー・ドガ フレンチ・レース バター・スコッチ スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン シャポー・ドゥ・ナポレオン フレグラント・アプリコット アプリコット・ネクター エーデルワイス ゴールデン・ボーダー ご挨拶 鉢増し ミルキー・ウェイ だんじり囃'02 ロサ・ユゴニス テリハノイバラ 緑光 ボニカ'82 パパ・メイアン ラバグルート 藤娘 アップル・シード セプタード・アイル スイート・ムーン バラの写真 カレイドスコープ キュー・ガーデン ジュビリー・セレブレーション トロピカル・シャーベット ライラック・ローズ パット・オースチン イングリッシュ・ヘリテージ 根頭がん腫 

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
63位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

月齢

ブクログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: