FC2ブログ

綺麗な花には棘があるかもしれない…

大好きなバラについて書いちゃおうと思います。

Entries

小輪の一重。 その7

今日の小輪の一重も靭公園からです。

そのバラは、ミヤコイバラです。
IMG_1688_20190118222911559.jpg

ミヤコイバラのミヤコは京都のことで、西日本で見られるノイバラです。

逆に東日本で見られるノイバラには、アズマイバラがあります。


スポンサーサイト

小輪の一重。 その6

今日の小輪の一重は靭公園からです。

そのバラは、サクライバラです。
IMG_9074_20190117221605e1a.jpg

一重のバラは原種が多いですね。

サクライバラは花弁がちょっとねじれています。

花弁の縁がピンクで、赤目の蕊ってところが可愛いです。(*´▽`*)

小輪の一重。 その5

今日の小輪の一重は、小輪というより中小輪かもしれません。(^_^;)

ひらかたパークのロサ・プリムラです。
IMG_8758_20190116211744819.jpg

早春に咲く、春告げバラの一つですね。

ステムが短く、枝に沿って咲くタイプです。

原種やハイブリッド・スピノシッシマ(Hspn)に多い咲き方ですね。

垂れた枝に咲くので、花の滝の様に見えます。(*´▽`*)




小輪の一重。 その4

また小輪の一重のネタです…。(^_^;)

今回は、前回のロサ・ムルティフローラ・ナナより遥かに小さいショウノスケバラです。
IMG_4737_20190115214521ff5.jpg

望遠レンズやマクロレンズで見ないと、どんな花が咲いているのかよく見えない程小さいです。

葉っぱも特徴的で、よれた笹の葉のような葉です。

花は小さいですが、花弁に対して蕊が大きくて可愛いので、蕊フェチ向きのバラですね。(≧▽≦)


一階のつるバラの剪定・誘引の続き。

今日も昨日に続いて、一階のつるバラの剪定・誘引をしました。

絶対に時間が足りないので、今日は朝からフル稼働です。

まずは、シャンテ・ロゼ・ミサトの剪定・誘引です。
IMG_5525_201901141802476be.jpg

最初は枝を横に寝かそうと思ったのですが、ミサトはまっすぐ伸びた枝の先に花が咲くのを思い出しました。

そこで、枝を立てた段差剪定に変更して誘引をしています。

その為、考えていたよりもだいぶ枝を切り戻しました。

枝を立てる場所を増やす為、ローズスタイリストも使っています。


続いて、レッド・ネリーの剪定・誘引をしました。
IMG_5526_20190114180248304.jpg

今回はなるべく細い枝を残して、芽の少ない古枝は間引きました。

こちらも大量に枝を切っています。


つるバラの誘引剪定は、断捨離と枝を綺麗に編む事と思いながら作業しています。


そして、昼からは新しいバラを迎える為に、ノイバラとゲーテとお別れしました。

かなり大きくなっていたので、鋸を使ったりして、大量の剪定枝が…。orz


その後は、フェンスの大物の誘引外しと仮剪定です。

一株づつ誘引を外すことができず、全部の誘引を外さないと枝を外せません。

時間との闘いと思いつつ、仮剪定しながら誘引を外しました。

案の定、誘引を外して仮剪定するまでで日没タイムアップです。(;´Д`)
IMG_5527_20190114180250508.jpg

フェンスへの誘引は週末までオアヅケになりました。


それから、掃除の仕方の効率化を思いつきました。

途中まで、人間シュレッダーと化して、枝を細かく切りながら新聞紙を敷いたゴミ袋に入れていたのですが…。

これでは掃除もいつ終わるか判らないという状況に…。

そこで、ふと閃いたんです。(*^^)v

新聞紙の上に枝を集めて生け花の様にくるんでしまえば早く片付けられると思い試してみました。

すると人間シュレッダーがなんだったんだろうと思うぐらい、アッという間に片付けが終わりました。(*´▽`*)

いつも一株づつ小まめに掃除しながら作業していたのですが、こんどからは掃除はまとめてすることにします。



一階のつるバラの剪定・誘引。

今日は、昨日に続いて一階のつるバラの剪定・誘引をしました。

まずは、ラ・ローズ・ドゥ・モリナールです。
IMG_5514_20190113203943e4e.jpg

トレリスの幅が狭いので、3枚使って段差剪定で誘引しています。

続いて、ロサ・グラウカです。
IMG_5518_20190113203947215.jpg

小輪なので、あまり枝を切らずにS字誘引しました。

最後は、ベイシーズ・パープル・ローズです。
IMG_5519_20190113203949a13.jpg

これもS字誘引したのですが、枝をかなり切りました。

暗くなってしまったので、車庫の照明の下で作業していました。


そして、剪定・誘引ついでに、ロサ・グラウカのヒップを収穫しました。(*´▽`*)
IMG_5517_20190113203946f70.jpg

ヒップは、シワシワのカチカチになっています。(^_^;)

それから、日中は暖かく、年明は蕾のままだった てまりが咲いていました。(≧▽≦)
IMG_5515_201901132039443a9.jpg

最後に…。

早く剪定・誘引をやらないと判っているのですが…。

なかなか動き出せなくて、午前中は11時過ぎ、午後は14:30からの作業に…。(^_^;)

それに、昨日の剪定・誘引で右手中指が腫れてしまい、更に腰が重くなっていました。( ;∀;)
IMG_5523_2019011320395007f.jpg

昨日は麻紐を縛り易い様に薄いニトリルゴム手袋を使ったので、紐を強く引っ張り過ぎて負けてしまった様です。

今日は、ちゃんとバラ用の革手袋を使いましたが、まだ指が痛いです。( ;∀;)


まだトレリスのつるバラとフェンスのつるバラが残っています…。

明日で終わらせてしまいたいのですが、フェンスのつるバラは葉を取って仮剪定で終わりそうな予感…。(^_^;)


ベランダのつるバラの剪定・誘引。

今日は、重い腰を上げてベランダの剪定・誘引をしました。

まず7号深角鉢でホッタラカシだったスザンナを10号ロングスリット鉢に鉢増しすることにしました。

ところが、根がパンパンに張っていて、鉢から株が抜けません…。orz

植え替え名人350を使ってやっと抜けました。(*´▽`*)
IMG_5506_20190112203432b4b.jpg

鉢増しした後は、剪定・誘引です。

大抵、欲しい所に枝がなく、先の方が箒になってしまっているのですが…。

かなり曲げて、なんとか綺麗に誘引できたと思います。(*^^)v
IMG_5505_20190112203431c5b.jpg

続いて、ロサ・バンクシアエ・ノルマリスの剪定・誘引をしました。
IMG_5508_20190112203434a37.jpg

古くていい枝がでそうになさそうな枝を切っていますが、他のバラに比べると殆ど切っていません。

枝は下の方だけ留めて、枝先を遊ばせるようにしています。

最後は、前回葉を取って軽く剪定しておいたピエール・ドゥ・ロンサールの剪定・誘引です。
IMG_5512_201901122034357d9.jpg

こちらも欲しい所に枝がなく、細枝が多いので苦労しました。

花が大きいので細枝を残しても咲かないので、かなり枝先を切り詰めました。

ピエール・ドゥ・ロンサールも思いきり枝を曲げて背を低くしています。


ベランダのつるバラはこれで片付いたので、残りの1階のつるバラと格闘しなければなりません。( ̄▽ ̄)

ベランダよりも、つるバラの数が多く、株も大きいので大変なのですが…。orz


小輪の一重。 その3

今日の小輪の一重は…。

浜寺ばら庭園のロサ・ムルティフローラ・ナナです。

IMG_5622_20190111205400fd6.jpg

かなり小さい花が咲きます。

ショウノスケバラよりは大きくて、肉眼でちゃんと薔薇と判ります。

株も小さく、ノイバラのミニバラ版みたいな感じですかね…。

小輪の一重。 その2

今日も小輪の一重ネタです。

初回もそうでしたが、これまでの一重特集に被らない品種を選んでいこうと思います。

今回の小輪の一重は、中之島公園の ひなあられ です。
IMG_6279_20190109215013907.jpg

ひなあられは毎回終盤に見つけることが多いのですが…。

去年はピーク前のひなあられに出逢う事ができました。(≧▽≦)

ぱっと見は、ビンゴ・メイディランドに似ていますが、ひなあられの方が若干小輪です。

状態の良い花に出逢うとホントに嬉しいですね。(*´▽`*)


小輪の一重。

過去の写真を見ながら、ネタを色々考えていました。

大好きな小輪一重のバラを紹介する事にしました。

一重ネタはこれまでも書いてきましたが、一重の中でも小輪が一番好きなんですよね。(≧▽≦)

可愛い一重の花が房で沢山咲くのですから、たまりません。(*‘ω‘ *)


という事で、第一回目は、安曇野です。

IMG_6189.jpg

遅咲きなので、きちんと咲いているところをあまり見たことが無かったのですが…。

去年、靭公園で良い状態の安曇野に出逢う事ができました。(*^^)v

やっぱり可愛い…。(≧▽≦)

左サイドMenu

プロフィール

nagukan

Author:nagukan
@nagukan でバラと日本酒と写真についてもつぶやいてます。
コメント、トラックバックは閉じています。

カウンター

最新記事

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

CustomCategory

検索フォーム

サイト内検索 ( by Google )

検索フォーム

タグ

自宅 バラの管理 おでかけ バラ園 その他 特集 バラの本 中之島 セミナー  長居 データ 枚方 剪定 クリスマスローズ 実生 浜寺 誘引 2017年 花フェスタ 2015年 まつおえんげい 泉南 京都 和ばら 蜻蛉池  花の文化園 用土替え 越後 鶴見 比叡山 六甲 天王寺 あおい テスト 宝塚 遠足 分析 守山 バラのリスト 散布 山本 施肥 高島屋 須磨 用語 万博 梅田 キモッコウ 好物 ブルー・バユー シェエラザード スパニッシュ・ビューティ スライドショー ガブリエル ブルーメの丘 結愛 バラの色 ヴァグレット シャンテ・ロゼ・ミサト ニューサ 関東遠征 シビル姫 姫路 花見小路 名張 クイーン・エリザベス アジサイ みさき マルチ 写真 ムタビリス Mia愛子 しのぶれど しずく 屋上 ストロベリー・アイス 淡路島 ルイーズ・オディエ 香り スターリング・シルバー 京成 布引 芽掻き コンパニオンプランツ 荒牧 シェマシェリ グリーン・アイス 橿原 ナニワイバラ レポート ルージュモン 日比谷 霊山寺 イザヨイバラ わかな バラ メアリー・ローズ ショッキング・ブルー てまり 大阪ステーションシティ クレマチス ブルー・ムーン ミミ・エデン ジプシー・ボーイ バラの殿堂 インターナショナル・ヘラルド・トリビューン ピース 世界バラ会連合 ナエマ ジャクリーヌ・デュ・プレ ケニギン・フォン・デンマーク カクテル デンティ・べス グラハム・トーマス クイーン・オブ・スウェーデン シャリファ・アスマ ルゴサ エメラルド・アイル PdR イントゥリーグ 国色天香 F&G 原種 ゴールド・フィンチ 馬見丘陵 謎のバラ 用具 モッコウバラ 若園 エテルネル ラ・フランス バロン・ジロー・ドゥ・ラン スピリット・オブ・フリーダム アンブリッジ・ローズ 芳純 フェリシテ・パルマンティエ うらら ラベンダー・ピノキオ スイチャリ グレイ・パール ディスタント・ドラムス ブラス・バンド 悠久の約束 ラブ おせかけ ベーシーズ 海遊館 動物園 モリナール マリア・テレジア 南港 陽春園 切り花 天王寺動物園 大泉緑地 おふさ観音 キュー・ランブラー 水やり ミニバラ サリー・ホームズ ザ・プリンス ロサ・キネンシス・スポンタネア モッコウ 鶴見緑地 リージャン・ロード・クライマー 近所 ばら園 ブラック・アトロルーベンス 河内長野 住吉大社 ブロッチのバラ クリスティアーナ オデュッセイア 大仙 奈良 神戸 2017年 谷津 おでかけ名張 パシュミナ 花遊庭 ダフネ ジ・アレキサンドラ・ローズ カーディナル・ドゥ・リシュリュー ロサ・グラウカ バラ本 ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ アントニオ・ガウディ おでかけ花の文化園 大阪城公園 ヘリテージ クレア・オースチン カナリー・バード レディ・エマ・ハミルトン ワイフ・オブ・バス ディズニーランド・ローズ プリ・P.J.ルドゥーテ。 フランシス・ブレーズ セレッソ 鳴尾浜 エーデルワイス ジュピレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ ニュー・ウエーブ 金蓮歩 クロチルド・スペールト マダム・カロリン・テストゥ ブライダル・ピンク プリンセス・チチブ ヴァリエガタ・ディ・ボローニャ エドガー・ドガ フレンチ・レース バター・スコッチ スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン シャポー・ドゥ・ナポレオン フレグラント・アプリコット アプリコット・ネクター ゴールデン・ボーダー カレイドスコープ ロサ・ユゴニス ご挨拶 鉢増し ミルキー・ウェイ テリハノイバラ ラバグルート ピーチ・ブロッサム 緑光 ボニカ'82 パパ・メイアン だんじり囃'02 藤娘 キュー・ガーデン セプタード・アイル スイート・ムーン バラの写真 ジュビリー・セレブレーション イングリッシュ・ヘリテージ アップル・シード トロピカル・シャーベット ライラック・ローズ パット・オースチン 根頭がん腫 

ブログ村ランキング

人気ブログランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
45位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

月齢

ブクログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: